【フェブラリーS】1番人気に推されるのはどの馬に?

公開日: 更新日:

 今年のフェブラリーSの1番人気はどの馬になるだろうか。

 単勝が売れる可能性があるのは3頭いる。

 武豊インティは破竹の6連勝中で、東海Sでは重賞の壁も簡単にクリアした。藤田菜七子騎乗で話題沸騰のコパノキッキングも、記念馬券も含めて相当に売れるか。ゴールドドリームは一昨年の勝ち馬で昨年②着。鞍上もルメールだ。

 その中、ゴールドになった場合――。

 GⅠに昇格した97年以降の22回で、1番人気は〈9337〉。馬券圏外になった7頭のうち、4頭が6歳だった。

 98年タイキシャーロック=⑤着、01年サンフォードシチー=④着、07年シーキングザダイヤ=⑨着、12年トランセンド=⑦着がそう。

 前年までの実績で人気になっても、競走馬としては下り坂になってくる頃。過信はできないということかも。

 一方、6歳で1番人気に応えたのは1頭。08年ヴァーミリアンだ。前走の川崎記念は取り消したものの、前年の秋はJBCクラシック→ジャパンCダート→東京大賞典とGⅠ3連勝中。向かうところ敵なしだった。

 果たして、1番人気に推されるのは? そして結果は?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る