亀井辰之介
著者のコラム一覧
亀井辰之介

メーンレースまでの稼ぎ場をあらゆる角度から徹底的にリサーチ。ピックアップした推奨レースに鋭い視点で切り込んでタマを何倍にも増やしていく西のスナイパー。

【日曜中京11R・金鯱賞】アルアイン復活V

公開日: 更新日:

 ◎はアルアイン。

 一昨年の皐月賞制覇は4→5→5番手と好位からの競馬。前走のマイルCSは2番手から③着に粘り込んだ。ディープ産駒だが、瞬発力勝負よりも先行押し切りを得意パターンにしている。

 この先行力は母系に由来する。母の父エッセンスオブドバイは米国ナンバーワンサイヤーのタピットを輩出したプルピットの直子。スピードの持続力に秀でたボールドルーラー系だ。

 実は、母系にボールドルーラーの血を持つことが、中京の二千芝の重賞では重要な要素に。

 例えば、昨年の金鯱賞。ワン・ツーを決めたスワーヴリチャード、サトノノブレスは、ともに祖母の父がボールドルーラー系だった。

 他にも、昨年の愛知杯②着レイホーロマンス、中日新聞杯②着ショウナンバッハに、今年の愛知杯③着ランドネも母の父、もしくは祖母の父がそう。現在、同舞台の重賞では4戦連続で馬券絡みしている。

 しかも、レイホーが11番人気、ショウナンが12番人気。人気にかかわらず好走だから、非常に相性のいい血統といえる。大箱でガチンコ勝負になりやすい舞台で、同系のしぶとさが最大限に発揮されているのだろう。

 アルアインは中京には初参戦でも、姉弟はともに中京巧者。半姉ゴールドエッセンスは全3勝のうち2勝が同舞台でのもの。全弟ダノンマジェスティも中京は2戦2勝のパーフェクト。母系には間違いなくコース巧者の血が流れている。

 皐月賞以来の復活Vまである今回だ。

 相手上位は人気どころに印を打ったが、ぜひとも押さえたいのが同じボールドルーラーの血を持つスズカデヴィアス、ショウナンバッハの2頭。いずれかが絡めばビッグ配当も期待できる。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る