【平成11年】日本馬が海外で活躍すれば岩手の怪物は中央のGⅠ制覇

公開日: 更新日:

 この年は特に海外に関する話題が多い。

 エルコンドルパサーが凱旋門賞制覇を目指し、長期のフランス遠征を敢行。5月のイスパーン賞こそ②着だったが、7月のサンクルー大賞でGⅠ奪取を果たすと、前哨戦のGⅡフォワ賞も制した。

 期待が高まった本番では果敢な逃げ。しかし、最後はモンジューにゴール前で差されて半馬身差の②着惜敗だった。

 当時は相手に有利な記録的な不良馬場。③着以下は6馬身も離しており、「この年はチャンピオンが2頭いた」といわれたほど。モンジューのハモンド師からは「おそらく硬い馬場だったらかなわなかっただろう」とのコメントも出ている。

 同日、アグネスワールドがGⅠアベイ・ド・ロンシャン賞に勝利。日本では函館3歳S、全日本3歳優駿しか重賞勝ちのなかった馬が海外でGⅠタイトルを得たことは衝撃的だった。

 日本馬が海外で活躍する一方、地方馬によるJRAのGⅠ制覇という偉業もあった。“岩手の怪物”メイセイオペラである。

 前年、地元・水沢のマーキュリーCで中央のパリスナポレオンに7馬身差をつける圧勝を演じ、盛岡の南部杯ではタイキシャーロックに3馬身差。暮れの東京大賞典では船橋のアブクマポーロに敗れたが、フェブラリーSでは2番人気に。ここでもエムアイブランに2馬身差をつけた。

 以降、これまで78頭がJRAのGⅠに挑んでいる。だが、②着は5回あっても先頭ゴールはない。

 有名なところでは16年皐月賞、ジャパンCで銀メダル2つのコスモバルクか。また、23年には“南関東の雄”フリオーソがM・デムーロとのコンビでフェブラリーSに参戦。芝の部分で行き脚がつかず、猛然と追い上げたが1馬身半及ばなかった。

 地方による最も惜しい②着は“岩手の怪物”と同じこの11年。朝日杯3歳Sで1番人気に支持された笠松のレジェンドハンター。鞍上は“JRAを動かした男”安藤勝己である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る