【スプリングS】ファンタジスト坂路爆走

公開日: 更新日:

見事な加速ラップを刻んで50秒1ー12秒1の好時計

 朝日杯FS④着後はいったん放牧へ。帰厩後は順調に調教を消化し、2週前には坂路で4F50秒7、先週は武豊を背に4F51秒1、ラスト2F23秒3―11秒7の好時計をマークしていた。もともと、ケイコ駆けするタイプとはいえ、これだけ動けるのは体調が良ければこそだろう。

 今週も文句なしの“A”評価だ。テンから13秒2―12秒6と徐々にペースアップしながらラスト2Fも12秒2―12秒1。奇麗に最後まで加速するラップを刻んでのフィニッシュだった。全体時計は4F50秒1。これでも目いっぱいではないからさすがの脚力といっていい。

 道中の折り合いも◎。これなら千八への距離延長も問題ないと思える。

○…梅田師は「先週、動きが少し重かったのもあるので、今週もまあまあやろうと。乗り手によれば“前も後ろも馬がいなくて遊んでいた”って。それでこの時計だから」と明るい表情で話した。「距離も一気に延びるわけじゃない。坂路の前にEコースなど調教も考えてきた。3歳馬同士だし、カバーしてくれないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る