外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【日曜中山11R・スプリングS】角居厩舎の素質馬ロジャーバローズ抜け出す

公開日: 更新日:

 日曜は角居厩舎が大暴れの予感――。阪神大賞典ではシャケトラ、そして、このスプリングSではロジャーバローズが春のGⅠに向けて好発進を決める。

 ロジャーはこれまで①②①着の軌跡。馬群から楽々抜け出した新馬勝ちは印象的だった。続く2戦目の紫菊賞はホープフルS②着馬アドマイヤジャスタの②着。「トモに物足りなさがある」(辻野助手)状態でも、強敵相手に善戦してみせた。

 一息入れて状態が戻った福寿草特別の完勝も当然といえば当然だろう。

 まだまだ底を見せていないディープ産駒は、素質の高さに加え、楽に好位を取れるレースセンスも兼備。中山千八への対応力も高いとみて中心に据える。

 その前走で軽い左前挫跖を発症し一息入れることに。結果的には間隔をあけたことで、さらなる成長を促せたようだ。

 放牧から帰厩後は同厩のオープン馬相手にハード調教を消化。Cウッド、坂路で金鯱賞③着エアウィンザー、さらには前記シャケトラらと併せてレベルアップを図ってきた。

 同助手も「以前はジリジリと脚を伸ばすタイプだったんですが、中間はトモのハマリが良くなってきたんで、鋭く反応できるようになってます」。

 13日にはホープフルS勝ちから皐月賞直行のサートゥルナーリアが栗東に帰厩。豪快に抜け出して同厩のライバルに挑戦状をたたきつける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る