新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【日曜中山11R・スプリングS】ユニコーンライオンで勝負

公開日: 更新日:

2億円の高額馬は素質も高い

 前走レートの5位タイまではこうなる。

 ユニコーンライオン101
 クリノガウディー 101
 ヒシイグアス   100
 タガノディアマンテ99
 シークレットラン 98
 ロジャーバローズ 98
 ファンタジスト  98

 ユニコーンライオンで勝負する。

“クラブ馬”で募集価格は総額2億円なり――。その高額にたがわぬ走りはデビュー戦から見せた。

 レースのラスト3Fが12秒0―11秒9―11秒7の加速ラップ。そんな中で、道中は2番手から直線半ばで②着馬が外から来ると、2段ロケットのように一気に加速しての締めくくり。搭載エンジンの良さが見て取れた。

 続いて、同じ京都外回り千八のつばき賞へ。ここは②着止まりとはいえ、価値ある走りだ。

 スタート直後とゴール直前を除けば、最大要しても1F12秒2以内。そしてラスト1Fが12秒5と時計がかかったように消耗戦になっていた。

 それを[2][3][2]から直線は先頭のシーンをつくる。最後はワンテンポ遅れて差し込んできたワールドプレミアに分があったが、道中のラップ形態を思えば相当に強い競馬をしている。だからこそ冒頭のレートに。

 初戦とは全く異なる流れにもしっかり対応したあたりが奥深さのある証拠。しかも、まだ2戦目でのもの。キャリアが浅いだけに、伸びシロを残しているのは間違いない。3戦目ならまだまだパフォーマンス、レートも上がってくるか。

 トライアル制覇で堂々とクラシックへ駒を進める。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る