【皐月賞】ダノンキングリー戸崎に聞いた成長度と初距離二千㍍

公開日: 更新日:

馬は無敗でのV、鞍上は連覇かかる

 今年の皐月賞で無敗馬は東西で1頭ずつ。西は断然1番人気が予想されるサートゥルナーリア、東は共同通信杯でアドマイヤマーズを負かしたダノンキングリーだ。

 鞍上の戸崎は昨年、エポカドーロでV。連覇がかかる今年の手応えは――。

――共同通信杯を振り返って。
戸崎騎手「距離の不安が少しあったけど、ペースが遅くてもしっかりと我慢が利いてましたね。その分、はじけた感じ。2歳王者(アドマイヤマーズ)がいた中でああいう勝ち方ができて、本当に強い馬です」

――最初に乗った時のイメージは。
「兄姉はダートでも走ってたので、どうかなと。ただ、背中はいいものがあって、バネが凄いというのも感じてました。そこから幅が出たりとか、どんどん良くなってしっかりしてきた」

――中間の印象は。
「2週前からまたがらせていただいて、レースに向けてスイッチが入ってきたという感じを受けましたね」

――直前に乗った感触を教えてください。
「単走でリラックスさせて、伸び伸び走らせるとの指示。その通りだったし、順調ですね」

――コーナーが4つある二千については。
「前走の内容から問題も消えたというか、こなしてくれるはず。心配ないと思います」

――今年も有力馬の一頭で参戦します。
「デビューからコンビを組んで、負けていませんしね。幸せを噛みしめながら結果も出したい気持ちでいっぱいです」

――意気込みを。
「ボク自身は(昨年のエポカドーロに続き)連覇を目指してます。リズム良く走らせて、力を存分に出せるようなレースをしたいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る