【皐月賞】単勝170円断然人気でも頭、鼻差 サートゥルナーリア辛勝の理由

公開日: 更新日:

 皐月賞を制したのはサートゥルナーリア。暮れのホープフルS勝ちからのぶっつけ本番で1冠目をモノにした。

 前週に行われた桜花賞も年明け初戦で臨んだグレンアレグリアがレースレコードで圧勝。そのイメージも後押ししてか、同じ鞍上・ルメールで、暮れ以来の直行だったサートゥルナーリアも断然の支持を集めた。

 単勝は実に170円。過去に結果が出ていないローテーション、テン乗りなど不確定要素があったことを思えば“買われ過ぎ”た感も否めない。

 それでも、マイナス4キロと体自体は太め感がなく、落ち着きも十分。道中は外めを折り合いながら、理想的なレース運びができた。

 直線は前にいた②着馬を捕まえにかかったが、さすがにホープフルSのように一瞬で勝負を付けるまではできず。

 内によれてヴェロックスに接触し、さらに内ラチ沿いのダノンキングリーにも抵抗されて、ゴールでは頭、鼻差の辛勝だった。

 平成以降で単勝100円台に応えた皐月賞馬といえば他に92年ミホノブルボン、94年ナリタブライアン、01年アグネスタキオン、05年ディープインパクト。いずれも1馬身半以上の差をつける完勝だったことを思うと、着差的にはやや物足りない印象も。

 レース後にルメールが「トップコンディションじゃなかった」と話したように、次のダービーを見据えた仕上げではあった。さらに、内によれた点は、「スタンドに物見した」とのこと。

 このあたりは、やはりトライアルをスキップした影響があったということだろう。

 とはいえ、そんな状況ながらGⅠ連勝で1冠目をクリアしたのだから大したもの。ひとたたきしてみせる“本当の姿”がどれほどのものか。次こそが真価発揮の舞台になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  7. 7

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  10. 10

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る