【皐月賞】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着サートゥルナーリア(ルメール騎手) パドックで馬がとても静かでプレッシャーを感じていなかったので、自信が確信となりました。直線はいい反応を見せたけど、子供っぽさが。スタンドに物見をして、少し内にモタれて。最後も休み明けの分、疲れてしまいました。楽に勝つことができると思いましたが、トップコンディションじゃなかったからね。いい経験になった。ダービーでもいけそう。もっと強い競馬をすると思います。

(角居調教師) 鞍上とは“馬場が硬くて速い”と話していました。いいポジションを取って、道中も折り合ってました。ただ、高い能力はあるものの、GⅠクラスの激しいたたき合いの経験がなく、直線は戸惑っているのかなと。それでも、目標になる馬がいてくれたので、最後まで頑張ってくれました。ここからの始動は関東への輸送が続くので、ダービーから逆算してオーナーと決めました。これからも素晴らしい結果を出していけると思います。

②着ヴェロックス(川田騎手) スムーズな競馬ができたし、全力で走ってくれました。強い勝ち馬を相手に、よく差を詰めてくれたと思います。ダービーで逆転できるように、これからの時間をすごしていきたいですね。

③着ダノンキングリー(戸崎騎手) デキは良かったですね。道中は一生懸命に走りすぎるところもありましたが、我慢は利いていたし、上手な競馬はできました。最後は上位2頭に食らいついて追いつくところまできたんですが。

④着アドマイヤマーズ(M・デムーロ騎手) 4角でもう少し早めに動きたかったね。よく頑張ってますよ。

⑤着クラージュゲリエ(池江調教師) ジョッキーが最高の乗り方をしてくれたね。経験を積むごとにイレ込みも軽減していたし、マックスの力を引き出せたと思う。距離が延びていいタイプ。ダービーが楽しみ。

⑥着タガノディアマンテ(田辺騎手) 雨でも降ってほしかったですね。高速馬場で前が止まらなかったんで、自分から動かしていきました。最後までよく伸びて、内容はあったと思います。

⑦着ラストドラフト(シュタルケ騎手) もう少しペースが流れてほしかった。勝負どころで外から来られて、自分のタイミングで追い出せなかった。それでも最後はいい脚を使ってくれたよ。

⑫着シュヴァルツリーゼ(石橋騎手) 直線では馬混みを突いたんですが、気にして入っていかなかったですね。まだ若さもある馬。そのあたりが裏目に出てしまいました。

⑬着ファンタジスト(武豊騎手) 終わってみれば距離が長かったね。このメンバーで良馬場の二千では……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る