【マイラーズC】インディチャンプ豪快 馬なりで4馬身突き放す

公開日: 更新日:

 前走の東京新聞杯で重賞初制覇を果たした後は短期放牧へ。帰厩後はここを目標に順調に調教を消化してきた。

 先月28日に坂路で4F52秒2と速い時計を出すと、翌週には51秒7。先週は福永が騎乗して52秒1と3週連続で好時計をマークと、乗り込みの質はかなり高い。

 けさも福永が手綱を取って併せ馬。2F過ぎで馬体を併せると、相手が1F手前で仕掛け出したのとは対照的に、ラストまで馬なりで楽々と突き放して4馬身の先着だ。

 時計は4F52秒7―12秒5。これでも追えばまだまだ時計は詰まった余韻は十分に感じられた。

 もともと休み明けは苦にしないタイプだが、今回の仕上がりも文句なしといっていい。重賞連勝へ態勢はできている。

○…福永は「きょうはもうそんなにハードにいらない。先行馬を見ながら行って、最後も余力があったね。息遣いがいいし、太めもない。いい状態で出られそう」と好感触を伝えた。「以前と比べてトモの張りとかが全然違う。一段階レベルアップしている。胸を借りる立場だけど、どれだけやれるか楽しみ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る