【天皇賞・春】エタリオウ急成長 ケイコ駆けしなかった馬がここ2週は動き一変

公開日: 更新日:

 菊花賞以来、5カ月ぶりだった今年初戦の日経賞はメイショウテッコンの逃げ切りを許したものの②着。今回はひとたたきしたことで、見栄えが大きく変わってきた。

 毛ヅヤがグンと良くなって、内面から体の張りが増した印象。筋肉の輪郭もはっきりと分かるほどになっている。

 調教の気配も当然のように上がってきた。1週前追い切りはCウッドでの3頭併せ。モヤの中だったが、しっかりと負荷をかけてラスト1F11秒8。いい瞬発力を見せていたのは確認できている。

 今週は坂路単走がメニュー。先週までに仕上がっていた感はあったが、最後は“ダメ押し”とも思えるようにしっかりと追って4F55秒4。ラスト1F12秒7は馬場が相当重い中で十分過ぎるほどのフィニッシュだ。

 もともと攻め馬はそれほど走らないタイプ。それが先週、そして今週とこの好調教だ。これ以上は望めないといってもいいレベルの仕上がりだ。

○…けさは手綱を取らなかったが、M・デムーロが追い切りを見届けた後、記者会見に臨んだ。「先週は“1週前だからしっかりやってほしい”の指示。いい感じでした。1回使ってだいぶ良くなりました。けさは単走で馬なり。いいと思います」と笑顔での受け答えだ。「菊花賞は残念でした。京都の三千二百は問題ない。スムーズさがポイントです。今年は平成の最後だし、勝ちたいです

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  5. 5

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

  6. 6

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  7. 7

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  8. 8

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  9. 9

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  10. 10

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る