木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

香港GⅠ勝ち “有言実行の男”松岡に今週も騎乗依頼が殺到

公開日: 更新日:

ウインブライトで香港GⅠ勝ち

 4月28日に香港シャティン競馬場で行われたGⅠクイーンエリザベス2世C。日本馬もビッグタイトルを狙って3頭が遠征したが、戴冠したのはその中で最も人気薄のウインブライトと松岡のコンビだった。

 その勝ちっぷりは鮮烈の一言。

 ゲートで少し立ち遅れても慌てず騒がず、道中はインで脚をじっくりためる形。直線入り口では馬群が密集した時も神がかり的にさばいて、外めに持ち出した。

 すると一気に伸びて差し切りV。レコードのおまけ付きだ。

「いつか大きなところを取れる馬ですよ」

 そう2歳時から言い続けてきた。心身の成長曲線に合わせて、スタッフと入念に相談しながら調教、レースのチョイスを続けたことが大きく実を結んだ瞬間だった。

 そんな有言実行を成し遂げた松岡に今週も騎乗依頼が殺到。当人も「日本でもそろそろエンジンをかけていきますよ(笑い)」と気合十分だ。

――勝ち負けが狙えそうな顔ぶれが揃いましたね。まずは2Rのサクセスファイター。今週の追い切りにまたがりました。
松岡騎手「いい動きでしたよ。デビューしたときから素質を感じていたんですが、ようやく馬らしくなってきた感じ(笑い)。腰回りがパンとしてきて、今グングン良くなっていますね」

――前々走では自分で主導権を握って③着。
「未勝利は勝てる時計で走れてはいたんですけどね。相手が強かった。切れる脚がないので、あの形が現状はいいと思います。④着に負かしたエコロドリームも先々週勝っていますし、メンバー次第でチャンスは十分でしょう」

――3Rのイサチルダイチには大きな期待をかけてるとか。
「ええ。この馬に乗りたくて香港のウインブライトの追い切りの後、帰国したぐらい。で、レースに乗って、また香港へトンボ返り(笑い)」

――どのあたりにそう思わせる片鱗を感じるのでしょう。
「最初に乗った感触ですね。“ビビッ”ときたんです。攻め馬もオープン級ですからね。デビュー戦はソエ気味で芝。前々走は凄いハイペースと敗因ははっきり。前走は今後のことを考えて、折り合い重視で行きました。相手は関係ない。自分との戦いに勝てれば、ポンポンといける器の持ち主ですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る