薮中泰人
著者のコラム一覧
薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

【オークス】超一級の優牝だラヴズオンリーユー

公開日: 更新日:

 桜花賞組が強いオークスだが、時として一発があるのが忘れな草賞組。①着馬はこれまで4頭が勝っていて、ここ8年では2頭が樫の女王に輝いている。今年もチャンス大とみて、◎はラヴズオンリーユーだ。

 前走は4カ月半ぶりの実戦。コース、距離とも未経験で気配的にも不安を残す仕上がりだった。

 それが、どうだ。スタートで寄られる不利もあって後方からの競馬。楽な展開ではなかったのに、直線は涼しい顔で抜けてきた。3馬身差の楽勝は前記の4頭と比較しても劣らない。女王の資格ありの内容だった。

 桜花賞には間に合わなかったが、そもそもデビュー2連勝がインパクト大。2戦とも自身の上がりは33秒9で、2戦目のマイル戦では1分33秒6で走破している。これはグランアレグリアのデビュー戦と同タイム。順調なら桜花賞でも好勝負になっていただろう。

 オークスへ向け心強い材料は仕上がり面。5月2、8日とCウッドで7F追い。特に古馬オープンを圧倒した8日は1F11秒5の切れ。体調面の上積みがなければ、こんな追い切りはできない。

 仕上がり面も◎。桜花賞馬に2馬身半以上も離された組が相手なら、はっきり優位に立てる。

 馬券は単勝、馬連に3連単も。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る