【オークス】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ラヴズオンリーユー(M・デムーロ騎手) スタートがうまくいって最初はいいポジションを取れたのに、4コーナーで下がってしまって。きょうは前残りの馬場で、“届かないかな”と。それでも、直線ではすごい瞬発力を見せてくれました。残り200メートルぐらいで“勝ったな”と思いました。いろいろ不安があってプレッシャーも大きかったけど、勝ててとてもうれしいです。

②着カレンブーケドール(津村騎手) 悔しいー! 早め先頭のイメージで、自分のレースはできたと思います。折り合いも完璧だったし、馬場のいいところを通れました。もう少し頑張ってくれれば……。直線が長かったです。

③着クロノジェネシス(北村友騎手) ゲートの駐立は悪かったけど、五分に出て好位内めのいいポジションで立ち回れました。勝ち時計が示すように淡々と緩みなく流れて、4角からもう一度ペースアップするタフな展開。その中でも直線はしっかり反応してくれたし、坂も二千四百の距離もこなしましたよ。

④着ウィクトーリア(戸崎騎手) ゲートをうまく出られませんでしたが、そのあとはリズム良く走れて距離も問題なかったですね。直線は馬群を割って、よく伸びてくれました。

⑤着ダノンファンタジー(川田騎手) オークスに向かうにあたり、これ以上ないデキだったと思います。レースもしっかりコントロールできたし、我慢も利いてた。全力で二千四百を走り切ってくれました。

⑥着シャドウディーヴァ(岩田康騎手) 直線に向いた時はグッときたんですけどね。半ばからはフラフラになってしまいました。まだまだこれから良くなる馬ですよ。

⑦着シェーングランツ(武豊騎手) 直線は脚を使ってくれたよ。一瞬来るかと思ったけど、その後は頭を上げて苦しくなってしまったね。

⑧着アクアミラビリス(藤岡佑騎手) どうすれば距離がもつか、と考えて乗りました。直線は“オッ”と思わせる反応を見せたけど、ラスト300メートルあたりから脚色が鈍ってしまいましたね。二千くらいまでなら重賞を勝てる馬ですよ。

⑨着コントラチェック(レーン騎手) 好スタートから2番手。折り合いも良く、リラックスして運べましたよ。ただ、このクラスできょうのペースだと、若干距離が長いのかな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  3. 3

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  4. 4

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  10. 10

    令和最初の倒産はどこ 市場が警戒「危ない会社」予備軍

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る