【ユニコーンS】デュープロセス5連勝だ

公開日: 更新日:

 ユニコーンSではデュープロセスが5連勝を目指す。

 昨年11月のデビュー戦はゴール前、外から差されて首差②着に敗れた。とはいえ、③着は2秒3も突き放している。そして、次走から白星街道が始まった。

 暮れには②着に1秒差をつけて楽々と勝ち上がった。年明けからは五百万(1勝クラス)、昇竜S、青竜Sをブッコ抜きである。

 安田隆師は「デビューの頃はそうでもなかったんですが、年明けからは攻め馬で走るようになったんですよ。スタッフも言ってましたが、凄く変わりました」と明るい表情で話す。

 何よりも驚くのが4連勝の位置取りだ。それぞれこうだった。

 未勝利   [4][5][3]
 五百万   [1][2][2]
 昇竜S   [12][13][13]
 青竜S   [4][4][4]

 先行、差しとまさに何でもあり。

「2走前はついていけませんでした。でも、前走は好位から。行きたがったのかと思ったら、そうでもない。直線で②着馬が後ろから来たけど、ジョッキーは“どれだけ行っても変わらない感じだった”って」

 前走後はここを目標にじっくりと調整されてきた。これまで同様、坂路、コース併用のハードな仕上げだ。

 先週水曜は坂路で1本乗った後、Cウッドへ。6F82秒9―37秒5、1F11秒6で力強く2馬身先着した。

「中間は厩舎に置いて調整。変わりなくきていますよ。今度もいい走りをしてほしいです」 

 東京には新馬、五百万、青竜Sと3回遠征。前走では初めての千六も難なくクリアした。

 もちろん、重賞でもノンストップ。期待は膨らむ一方だ。

ユニコーンS登録馬 ダ一六〇〇メートル

アシャカトブ   56大 野
アッシェンプッテル54城 戸
イメル      56――
ヴァイトブリック 56戸 崎
ヴァニラアイス  54田 辺
エルモンストロ  56三 浦
オンザウェイ   56柴田善
ザディファレンス 56野 中
サトノギャロス  56川 島
ダンツキャッスル 56 幸 
デアフルーグ   56津 村
デュープロセス  56Mデムーロ
ニューモニュメント56石 橋
ノーヴァレンダ  56北村友
ブルベアイリーデ 56――
ロードグラディオ 56内 田
ワイドファラオ  57福 永

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る