仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

×「守備で最も大事なことは『捕ること』ではない」

公開日: 更新日:

歩きながらボールを拾う練習

 守備で最も大事なものはなにか?

 こう聞くと、ほとんどの人が「捕ること」と答えるかもしれません。私の考えは違います。守備で一番重要なことは、「投げる」ことです。

 守備は打者走者や走者をアウトにすることが目的。フライやライナーでない限り、当たり前ですが、きちんと送球まで完了して初めて目的を達成することになります。従って、フットワークや足の運び、捕球もその体勢もすべては、「投げる」ためにある、と考えなければいけません。

 守備は常に流れの中で行われます。よく、腰を落として構えて捕れ、などといいますが、基本とされるそうした「型」を教え込んだところで、実際の試合では構えたところに打球が来るわけではありません。それなら、歩きながら地面に落ちている球を拾う、という練習をさせた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  6. 6

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  7. 7

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  8. 8

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

もっと見る