仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

×「守備で最も大事なことは『捕ること』ではない」

公開日: 更新日:

歩きながらボールを拾う練習

 守備で最も大事なものはなにか?

 こう聞くと、ほとんどの人が「捕ること」と答えるかもしれません。私の考えは違います。守備で一番重要なことは、「投げる」ことです。

 守備は打者走者や走者をアウトにすることが目的。フライやライナーでない限り、当たり前ですが、きちんと送球まで完了して初めて目的を達成することになります。従って、フットワークや足の運び、捕球もその体勢もすべては、「投げる」ためにある、と考えなければいけません。

 守備は常に流れの中で行われます。よく、腰を落として構えて捕れ、などといいますが、基本とされるそうした「型」を教え込んだところで、実際の試合では構えたところに打球が来るわけではありません。それなら、歩きながら地面に落ちている球を拾う、という練習をさせた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る