• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

×「守備で最も大事なことは『捕ること』ではない」

歩きながらボールを拾う練習

 守備で最も大事なものはなにか?

 こう聞くと、ほとんどの人が「捕ること」と答えるかもしれません。私の考えは違います。守備で一番重要なことは、「投げる」ことです。

 守備は打者走者や走者をアウトにすることが目的。フライやライナーでない限り、当たり前ですが、きちんと送球まで完了して初めて目的を達成することになります。従って、フットワークや足の運び、捕球もその体勢もすべては、「投げる」ためにある、と考えなければいけません。

 守備は常に流れの中で行われます。よく、腰を落として構えて捕れ、などといいますが、基本とされるそうした「型」を教え込んだところで、実際の試合では構えたところに打球が来るわけではありません。それなら、歩きながら地面に落ちている球を拾う、という練習をさせた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  10. 10

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

もっと見る