仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

×「守備で最も大事なことは『捕ること』ではない」

公開日:  更新日:

歩きながらボールを拾う練習

 守備で最も大事なものはなにか?

 こう聞くと、ほとんどの人が「捕ること」と答えるかもしれません。私の考えは違います。守備で一番重要なことは、「投げる」ことです。

 守備は打者走者や走者をアウトにすることが目的。フライやライナーでない限り、当たり前ですが、きちんと送球まで完了して初めて目的を達成することになります。従って、フットワークや足の運び、捕球もその体勢もすべては、「投げる」ためにある、と考えなければいけません。

 守備は常に流れの中で行われます。よく、腰を落として構えて捕れ、などといいますが、基本とされるそうした「型」を教え込んだところで、実際の試合では構えたところに打球が来るわけではありません。それなら、歩きながら地面に落ちている球を拾う、という練習をさせた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る