仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

×「守備で最も大事なことは『捕ること』ではない」

公開日:  更新日:

歩きながらボールを拾う練習

 守備で最も大事なものはなにか?

 こう聞くと、ほとんどの人が「捕ること」と答えるかもしれません。私の考えは違います。守備で一番重要なことは、「投げる」ことです。

 守備は打者走者や走者をアウトにすることが目的。フライやライナーでない限り、当たり前ですが、きちんと送球まで完了して初めて目的を達成することになります。従って、フットワークや足の運び、捕球もその体勢もすべては、「投げる」ためにある、と考えなければいけません。

 守備は常に流れの中で行われます。よく、腰を落として構えて捕れ、などといいますが、基本とされるそうした「型」を教え込んだところで、実際の試合では構えたところに打球が来るわけではありません。それなら、歩きながら地面に落ちている球を拾う、という練習をさせた方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る