仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

○「トスは腕も手首も使っちゃいけない」

公開日: 更新日:

距離は「足」で出す

 特にショートとセカンドにとっておろそかにできないのがトスです。

 注意点は2つ。まず1つは、腕や手首を使わないこと。セカンドの場合を例にとります。セカンドベースに近い打球を処理して併殺を取るときなど、トスをする相手との距離が近い場合は、ボールをフワッと浮かせて捕り手の通り道に置いていってあげるようなイメージです。

 相手との距離が遠い場合も、腕や手首を使ってはいけません。距離は足で出します。ゴロ捕球の体勢から、右足の踏み込みと同時にトスします(写真①)。下半身の体重移動でトスの距離を出すのです。

 もう1つは、ボールに回転を与えないこと。回転がつくということは、手首を使っているということです。手首を使うとトスに勢いがついてしまったり、指先にボールが引っかかって上に浮いてしまったりします。回転のついたトスは相手も捕球がしにくくなります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3年前の因縁再び「広島誠也VS巨人坂本」セ3冠のし烈な争い

  2. 2

    暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

  3. 3

    広島8連勝で単独首位 OB投手も成果指摘の「佐々岡式」とは

  4. 4

    日本はどうしたのか 正気とは思えないトランプ“狂騒”<上>

  5. 5

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

  6. 6

    4試合10安打の巨人・丸 カープOBが危惧する“打撃の病気”は

  7. 7

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  8. 8

    菊池涼介が証言 広島浮上は4.17G丸弾で“尻に火”がきっかけ

  9. 9

    トランプ来場で国技館は超厳戒 相撲観戦客は大ブーイング

  10. 10

    なすびさんの不屈の精神力「今は電波少年に感謝の気持ち」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る