仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

○「トスは腕も手首も使っちゃいけない」

公開日:  更新日:

距離は「足」で出す

 特にショートとセカンドにとっておろそかにできないのがトスです。

 注意点は2つ。まず1つは、腕や手首を使わないこと。セカンドの場合を例にとります。セカンドベースに近い打球を処理して併殺を取るときなど、トスをする相手との距離が近い場合は、ボールをフワッと浮かせて捕り手の通り道に置いていってあげるようなイメージです。

 相手との距離が遠い場合も、腕や手首を使ってはいけません。距離は足で出します。ゴロ捕球の体勢から、右足の踏み込みと同時にトスします(写真①)。下半身の体重移動でトスの距離を出すのです。

 もう1つは、ボールに回転を与えないこと。回転がつくということは、手首を使っているということです。手首を使うとトスに勢いがついてしまったり、指先にボールが引っかかって上に浮いてしまったりします。回転のついたトスは相手も捕球がしにくくなります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る