仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

○「トスは腕も手首も使っちゃいけない」

公開日: 更新日:

距離は「足」で出す

 特にショートとセカンドにとっておろそかにできないのがトスです。

 注意点は2つ。まず1つは、腕や手首を使わないこと。セカンドの場合を例にとります。セカンドベースに近い打球を処理して併殺を取るときなど、トスをする相手との距離が近い場合は、ボールをフワッと浮かせて捕り手の通り道に置いていってあげるようなイメージです。

 相手との距離が遠い場合も、腕や手首を使ってはいけません。距離は足で出します。ゴロ捕球の体勢から、右足の踏み込みと同時にトスします(写真①)。下半身の体重移動でトスの距離を出すのです。

 もう1つは、ボールに回転を与えないこと。回転がつくということは、手首を使っているということです。手首を使うとトスに勢いがついてしまったり、指先にボールが引っかかって上に浮いてしまったりします。回転のついたトスは相手も捕球がしにくくなります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

  10. 10

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る