• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

○「トスは腕も手首も使っちゃいけない」

距離は「足」で出す

 特にショートとセカンドにとっておろそかにできないのがトスです。

 注意点は2つ。まず1つは、腕や手首を使わないこと。セカンドの場合を例にとります。セカンドベースに近い打球を処理して併殺を取るときなど、トスをする相手との距離が近い場合は、ボールをフワッと浮かせて捕り手の通り道に置いていってあげるようなイメージです。

 相手との距離が遠い場合も、腕や手首を使ってはいけません。距離は足で出します。ゴロ捕球の体勢から、右足の踏み込みと同時にトスします(写真①)。下半身の体重移動でトスの距離を出すのです。

 もう1つは、ボールに回転を与えないこと。回転がつくということは、手首を使っているということです。手首を使うとトスに勢いがついてしまったり、指先にボールが引っかかって上に浮いてしまったりします。回転のついたトスは相手も捕球がしにくくなります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る