• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

×「ベースの手前を踏む」

ちょっとした違いが明暗分ける

 滑り込んでくる走者をかわして、一塁に送球する。ダブルプレーでのショートとセカンドの見せ場のひとつです。

 打球によって、二塁ベースへの入り方はさまざまありますが、今回はベースを踏んで、前方に通り抜けながら送球する際の注意点を書きたいと思います。このプレーに勘違いが多いからです。

 送球を受け、ベースを踏んで走者をかわし、一塁へ投げる。問題はそのときのベースを踏む位置です。ベースの手前を踏んで通り抜ける選手が多いのですが、私はベースの真上に足を踏み出していました。その方が捕ってからの送球がよりスムーズに行えます。

 ベースの手前を踏んだ場合の足首の角度を考えてみてください。つま先が上を向き、かかとが地面に接地して、ふくらはぎが張った状態になります。その状態からベースの向こう側へ移動するとなると、かかとを上げてベースの膨らみを越えて行く力が必要になります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る