仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

○「どんな打ち方でもいい。その打ち方の天才になればいい」

公開日:  更新日:

「どんな打ち方したっていいんだよ。その打ち方の天才になればいいんだから」

 私の恩師である茨城・常総学院の木内幸男元監督の言葉です。型にはめることを嫌い、個性を尊重する。木内監督に出会わなかったら、今の私はいませんでした。

 ヤンキースのイチロー選手がいい例でしょう。代名詞となった「振り子打法」でヒットを量産。当初はその独特なフォームに批判的な意見もありましたが、日米で通算4000本に届くかというヒットを打っているのはご存じの通りです。

「一本足打法」の王貞治さんもしかり。両足を大きく開いて構える「ガニ股打法」で、04年と05年に2年連続で打率3割をマークした元中日の種田仁選手も、個性的といえば彼ほど個性的なフォームはありませんでした。

 もちろん、どんな打ち方をしてもいいといっても、守らなければいけないポイントはあります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る