仁志敏久
著者のコラム一覧
仁志敏久野球解説者

1971年10月4日、茨城県古河市生まれ。常総学院から早大、日本生命を経て95年ドラフトで巨人に逆指名入団。強打好守の二塁手として新人王、4度のゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。06年オフに横浜に移籍し、09年限りで退団。米独立リーグでもプレーした。日本での通算成績は1587試合で1591安打(打率・268)、541打点、154本塁打。現在は侍ジャパンのコーチ、12歳以下の日本代表監督も務めている。

×「一歩目は前へ出ろ」

公開日:  更新日:

目からウロコだった土井さんのアドバイス

巨人入団後に三塁から二塁へコンバートされた私を、「プロの二塁手」に育ててくれたのが、当時の守備コーチだった土井正三さんです。素人同然だった私にとって、V9時代の名二塁手だった土井さんの教えは、目からウロコが落ちることばかり。中でも印象的だったのが、次の言葉です。

「ピョンピョンと弾むように守りなさい」

 当時の私は猪突猛進。打球に対して、やみくもに前へ突っ込むだけでした。重心を低くして、とりあえず前に出る。そんな意識ですから、フットワークはベタ足でした。

 そうした私の悪癖を直してくれたのが、土井さんの言葉。ピョンピョン弾むように、というのは足と足首をバネのように使う、ということです。

 ベタ足で前に出るだけだと、打球を処理する直前にブレーキをかけなければいけません。当然、足首は硬直し、動きに柔軟性が出ません。打球と衝突するような捕り方しかできない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る