本部SDに就任 西武・渡辺前監督の6年間の「功罪」

公開日: 更新日:

 ある西武OBに言わせると、「黄金時代への反発」だという。

「渡辺監督は緻密な野球に加えて私生活まで管理されていたことに窮屈さを感じ、イケイケドンドンの派手な野球をしようとしたんじゃないか。ただ、若手を多く使う半面、ベテランを冷遇したことは今後に影響しかねない。ベテランの持つノウハウや伝統が伝わっていなければ、いよいよ大ざっぱな野球しか出来なくなる」

 渡辺監督は良くも悪くも西武の「破壊者」だったのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  9. 9

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  10. 10

    「チルドレン」存在と不祥事のデパート化の因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る