マー君100億円争奪戦 メジャー14球団参戦のカラクリ

公開日: 更新日:

 金満球団もそうでない球団も“知恵”を使って資金を捻出、田中獲得に血眼になっている――。

 なお、7日の大リーグ公式ホームページによれば、ダイヤモンドバックスが代理人のケーシー・クロース氏に田中獲得の意思を正式に伝えたという。

■元同僚がヤンキース入りのすすめ

 昨季まで楽天で同僚だった元ヤンキースの右腕、ダレル・ラズナー(32)が田中の活躍に太鼓判を押した。

 7日(日本時間8日)、ニューヨークのラジオ番組のインタビューに応じ、田中を「投手として高いIQを持っている」とし「彼の持ち球(カーブ、スライダー、カッター、シンカー)を駆使すれば、メジャーの打者に通用するだろう」と話した。

 田中の獲得を狙う球団のひとつにヤンキースが挙がっていることに関しては、「ビッグマーケットで投げて欲しい」と古巣への入団を後押しした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  6. 6

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  7. 7

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  8. 8

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

  9. 9

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  10. 10

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る