専門筋に聞いた ソチ金メダル最有力・高梨沙羅の“敵”は?

公開日: 更新日:

――彼女たちは侮れないと。
「今季のW杯ランキングから五輪での滑降順は上位の高梨が後で、下位の欧州勢が先になる。下位の選手がヒルサイズ越えの105メートルでも飛べば、高梨ら上位の選手はそれ以上に飛距離が出る。故障のリスクを回避するため、ゲートを下げられ助走距離が短くなり、追い風になれば当然、飛距離が出なくなります。ゲートファクター(スタートゲートの上下移動で加減される得点)、ウインドファクター(風の強弱によって加減される得点)をもらえても、ノーマルヒルの距離点は1メートルにつき1.8点だから5メートル違えば9点違ってくる。天候が荒れた場合、結果は分かりません」

――男子はどうでしょう。
「葛西以外にも伊東大貴、竹内択らが安定しているので、団体でもメダルの可能性がある。『沙羅、沙羅』と騒がれているから、男子は逆に気楽に臨めるかもしれません。男子は自信を持ってきているから。あとは風とか条件が合えば、表彰台は見えてきます」

▽おりやま・としみ 1953年長野県生まれ。神奈川大学工学部卒。主に雑誌に執筆するアマチュア専門のスポーツライター。アマチュアスポーツに関する著書が多数ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る