メディアに“異例要望”も…ドッチラケに陥った阪神キャンプ

公開日: 更新日:

 キャンプの視察に訪れる某球団の編成担当はこう言った。
「36歳の新井貴や福留は安芸スタートで、沖縄は北條や一二三ら若手を抜擢したフレッシュなメンバーになると思っていた。ドラフト1位の岩貞(横浜商大)や同3位の陽川(東農大)は合同自主トレで体調を崩し、調整が遅れたので仕方がないにしても、若手育成と掲げた割には結局、主力とベテランばかり。聞けば、新井貴や福留が沖縄スタートしたい意向があったそうです。一、二軍という呼称をなくした意味が薄れた感はあります」

 キャンプがスタートして若手をビシビシ鍛えることができるのは実質、練習試合が始まるまでの2週間程度といわれている。短い期間にメンバーを入れ替えるわけにもいかない。

 ベテランへの配慮で若手育成が頓挫……というならそれこそ、「看板倒れ」のキャンプである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  3. 3

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  4. 4

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  5. 5

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  8. 8

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  9. 9

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

  10. 10

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

もっと見る