なぜだ? アギーレ後任報道が一気に沈静化の不思議

公開日: 更新日:

「たとえばラウドルップの場合、契約期間中に引き抜くと所属クラブから億単位の違約金を請求される。日本サッカー協会は緊縮財政なので、欧州や中東リーグが終了してから契約を結べばいいと技術委員会は考えている。これも次期監督報道が先細りになった原因です」(前出の関係者)

「ラウドルップに違約金払って“引き抜き”も」「最終局面」といった報道もあるが、協会がそんな“剛腕”を振るえるとは限らないのだ。
 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る