桐生には100m9秒台の過剰期待 日本人の“限界”を専門家解説

公開日: 更新日:

 日本人初の100メートル9秒台の記録は、陸上関係者にとっては悲願だという。しかし、桐生が9秒台を1度や2度ぐらい出したところで、それが世界選手権や五輪のメダルにつながるわけではもちろんない。

「五輪代表になるための国内予選が厳しい米国なら、3人の代表に選ばれたら、本番ではほとんど決勝へ進めるでしょう。それは自己記録と9秒台を出した回数の違いです。男子100メートルは、コンスタントに9秒台をマークできなければ世界大会での上位争いは無理です」(前出の平山氏)

 日本陸上男子の4×100メートルリレーは、北京五輪で銅メダルを手にした。五輪の陸上トラック種目で日本男子がメダルを獲得するのは初の「快挙」だった。が、あれはアテネ五輪で金、銀、銅だった、実力が上の英国、米国、ナイジェリアが、バトンミスで予選敗退という幸運に恵まれた点を無視できない。それでもまだリレーは、バトンワークやコーナリングなど、技術で人種的、肉体的ハンディを補える部分が少しはあるが、100メートルはそうはいかない。

 今の桐生はライバルがレース中にコケても、リオでも東京五輪でもメダルを取るのは至難のワザなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  4. 4

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  5. 5

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  6. 6

    ICU闘病も…志村けんさんコロナ陽性から1週間で帰らぬ人に

  7. 7

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  8. 8

    外出禁止で爆発寸前…プロ野球選手がぼやく自宅待機の現況

  9. 9

    日米球界コロナ禍 値切られる入札選手と20億円失うマー君

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る