• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

クビか再契約か…オリ・バリントン好投はフロントの「難問」

 さて、どうするか。

 右足かかと痛で戦線離脱中だったオリックスのバリントン(34)が11日のロッテ戦で2カ月ぶりに先発。勝ち星こそつかなかったものの、6回5安打1失点の好投をみせた。

「しっかりボールを動かすことができた。真ん中付近のボールも少なかったので、いい形で投げられた」(バリントン)

 昨オフ、1年1億5000万円の大型契約で広島から移籍。開幕前から中島、ブランコと共にチームのリーグ優勝に向けた牽引役として期待を背負ったが、4月末に2連勝して以降は、右肩の故障による抹消もあって現段階で3勝(3敗)止まり。ファンの期待を裏切り続けたのだから、普通なら「クビ」は確実だろう。

 しかし、オリックスはその「決断」に踏み切れないでいる。

 仮に今季限りで放出すれば、広島時代の4年間で通算40勝を挙げた右腕のこと、すぐに複数球団が獲得に名乗りを上げる。新チームと再契約し、大活躍でもされようものなら、オリックスのフロントは「見る目がない」と赤っ恥をかく。

 一方、高い年俸を払って再契約しても、来季活躍する保証はない。今季と同じように数字を残せなければ、ファンから「金のムダ遣い」と非難される。

 シーズン終盤でのバリントンの好投はフロントにとって「難問」となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

もっと見る