クビか再契約か…オリ・バリントン好投はフロントの「難問」

公開日: 更新日:

 さて、どうするか。

 右足かかと痛で戦線離脱中だったオリックスのバリントン(34)が11日のロッテ戦で2カ月ぶりに先発。勝ち星こそつかなかったものの、6回5安打1失点の好投をみせた。

「しっかりボールを動かすことができた。真ん中付近のボールも少なかったので、いい形で投げられた」(バリントン)

 昨オフ、1年1億5000万円の大型契約で広島から移籍。開幕前から中島、ブランコと共にチームのリーグ優勝に向けた牽引役として期待を背負ったが、4月末に2連勝して以降は、右肩の故障による抹消もあって現段階で3勝(3敗)止まり。ファンの期待を裏切り続けたのだから、普通なら「クビ」は確実だろう。

 しかし、オリックスはその「決断」に踏み切れないでいる。

 仮に今季限りで放出すれば、広島時代の4年間で通算40勝を挙げた右腕のこと、すぐに複数球団が獲得に名乗りを上げる。新チームと再契約し、大活躍でもされようものなら、オリックスのフロントは「見る目がない」と赤っ恥をかく。

 一方、高い年俸を払って再契約しても、来季活躍する保証はない。今季と同じように数字を残せなければ、ファンから「金のムダ遣い」と非難される。

 シーズン終盤でのバリントンの好投はフロントにとって「難問」となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  7. 7

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る