日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
高橋善正
著者のコラム一覧
高橋善正野球評論家

44年高知生まれ。高知商から中大へ進み、東都リーグで通算63試合、35勝15敗、188奪三振、防御率1.61という脅威的な成績を残す。66年ドラフトで東映入り。67年15勝で新人王。71年西鉄戦で完全試合達成。73年巨人移籍。77年現役引退。巨人、中日、日ハム、横浜大洋、社会人シダックスのコーチを歴任。07年に中大投手コーチ、08年から4年間監督を務める。

大型補強だけでは負け犬根性は消せない

 1975年(昭和50年)のシーズンオフ、巨人は大型補強を行った。日本ハムから張本(勲)、太平洋から加藤(初)らをトレードで獲得。長嶋監督1年目のその年、巨人は球団史上初の最下位になったからだった。私が東映(現日ハム)から巨人に移籍して3年目だった。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事