錦織はSF進出に“黄信号” ベルディヒ下すも初戦完敗が痛手

公開日:  更新日:

 男子テニスの錦織圭(25)が2年連続準決勝進出に黄信号だ。

 ATPツアー・ファイナル(ロンドン)は17日、シングルス1次リーグA組で世界ランキング8位の錦織が同6位のトマーシュ・ベルディヒ(30=チェコ)を2-1で破り、今大会1勝目(1敗)をマーク。各組上位2人による準決勝進出に可能性を残したとはいえ、初戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)にストレート負けしたのが痛手となりそうだ。

 この日はA組のもう1カードで世界ランク1位のジョコビッチが同3位のロジャー・フェデラー(スイス)と対戦。フェデラーが7-5、6-2のストレート勝ちを収めて2勝目を挙げ、1次リーグ突破を決めた。

 同リーグ最終戦で錦織がフェデラーに勝ち、ジョコビッチがベルディヒを下すと3人が2勝1敗で並ぶことになる。

 すでにセット率でトップを行くフェデラーのA組2位以内が決定。残り1枠は錦織とジョコビッチの争いになるが、当該対決を制したジョコビッチの準決勝進出が決まる。

 錦織が1次リーグを突破するにはジョコビッチがベルディヒに敗れるのを願うしかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る