リオ五輪チケット売れず…東京五輪“二の舞い”を専門家危惧

公開日: 更新日:

 そもそも東京大会は日本国内での関心度が決して高くはない。昨年6月に内閣府が実施した世論調査では「非常に関心がある」と回答したのは、わずか30.5%。競技場で観戦したいかの質問に「ぜひ行きたい」と答えたのは12・2%にとどまっているのだ。

 東京五輪組織委は開閉会式も含めた料金設定を平均7700円程度にする方針。家族4人なら3万円を超える計算だ。

 56年ぶりとなる自国開催の夏季五輪は庶民からソッポを向かれかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  3. 3

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  4. 4

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  5. 5

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  6. 6

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  7. 7

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

  8. 8

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  9. 9

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る