前田2失点、岩隈3失点…日本人投手の直接対決は“痛み分け”

公開日: 更新日:

 日本人右腕による投げ合いは両者ともピリッとしなかった。

 ドジャース・前田健太(27)、マリナーズ・岩隈久志(34)が21日(日本時間22日)に直接対決で登板。前田は5回を4安打2失点5三振、岩隈は4回3分の1を8安打3失点3三振だった。

 前田はマリナーズ打線に初回からつかまる。1、2番に連続長短打で無死一、二塁のピンチを招くと3番カノーに右前に運ばれた。1死も取れずにいきなり2点を献上した。三回以降は14年の本塁打王(40本)クルーズから空振り三振を奪うなど、3者凡退。回を追うごとに落ち着きを取り戻したが、立ち上がりに不安を残した。

 一方の岩隈も持ち前の安定感は精彩を欠いた。一回、クロフォード、プイグの1、2番を打ち取って2死としながら、3番のDHターナーに左翼スタンドに叩き込まれる。二回以降も毎回、走者を許して立ち直る気配さえ見せなかった。三回は2死から連打を浴びて1点を追加されると、五回にはターナーに右越えの二塁打を許して3点目を失ったところで交代を告げられた。

▽前田のコメント
「二回以降は崩れずに粘って投げられた。きょうのような投球をすれば、チームの勝利につながると思う」

▽岩隈のコメント
「(前田は)うまく変化球を交ぜながら、的を絞らせない投球だった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る