コリジョンルール「野球つまらなくする」と元プロ捕手指摘

公開日: 更新日:

「中日の谷繁監督は現役時代ブロックがうまかったから、自分もスライディングしてくる走者も一度もケガをしたことはない。悪意のない普通のブロックに対し、普通のスライディングをすればケガはしません。これまで捕手は長い間ブロックを教えられているので、本能的に体が反応してしまう。オープン戦でこのルールが適用されたヤクルトの中村捕手も、最初はホームベースを空けていたが、返球に合わせるように自然と体が走路の方に寄っていき、最後は右膝を折ってブロックの体勢になった。点をやりたくないという気持ちから瞬時に右足でブロックしたという。このような場面で相手チームに1点が入るケースは公式戦でもあるでしょう。コリジョンルールは明らかに走者が有利。納得のいかない捕手は多いと思います」

 コリジョンルールは再考の余地がありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  5. 5

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  6. 6

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  7. 7

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る