代打でプロ1号 阪神・北條は“超変革”金本野球で覚醒近し

公開日: 更新日:

「彼は長打力はあるが、腕の使い方に難があり、バットが遠回りしてインコースが打てなかった。選球眼も悪く、ワンバウンドになる変化球に平気で手を出す。今年のキャンプを見ると打撃は徐々によくなってはきているが、グラブさばきやフットワークはまだまだ。鳥谷の後釜として期待されているそうだが、若手を積極的に使う方針を打ち出した金本監督でなければ開幕一軍はなかっただろうね」

 昨年までは阪神のOBから「坂本二世なんて嘘つきや!」との声も聞かれた。今季は低評価を覆す絶好のチャンスだ。開幕から3打席ヒットなしで「(今日)打たないと終わるかなと思っていた」という北條。危機感をバネにできれば面白い打者になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る