スタメン落ち後は7勝1敗 阪神は鳥谷“代打”で留守がいい?

公開日: 更新日:

 鳥谷は今季、打撃でも守備でも明らかに衰えが見える。控えになった途端に息を吹き返したのを見るにつけ、フルイニング出場はおろか、スタメン起用では体力的にも精神的にも、存分に力が発揮できないということを裏付けている。

 阪神には川藤幸三がいた頃から「代打の神様」の枠がある。八木しかり、桧山しかり、関本しかりだ。加えて鳥谷は、「守りの切り札」としても十分に働くことができる。もっとも、年俸4億円の控えでは割には合わないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  5. 5

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

  10. 10

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

もっと見る