卓球男子団体 日本が香港にリベンジ果たし初メダルに王手

公開日:  更新日:

 4強進出を決めた。

 日本時間15日午前のリオ五輪卓球の香港戦。ロンドン五輪準々決勝で敗れた因縁の相手に、第1試合シングルスで丹羽孝希(21)がいきなり不覚を取った。2ゲームを連取しながら逆転負け。嫌なムードが漂ったが、それをエースが払拭した。

 12日のシングルスで日本卓球史上初の個人銅メダルを獲得した水谷隼(27)が3-2で貫禄を見せ、第3試合のダブルスにつないだ。ここで吉村真晴(23)、丹羽ペアが3-1で勝利。2勝1敗で迎えた第4試合シングルスを吉村が3-1でモノにし、日本が香港にリベンジを果たした。

 準決勝(同16日午前)の相手は、世界ランク2位のドイツ。北京で銀、ロンドンで銅の強豪を下せば、男子団体初のメダルを手にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る