卓球男子団体 日本が香港にリベンジ果たし初メダルに王手

公開日:  更新日:

 4強進出を決めた。

 日本時間15日午前のリオ五輪卓球の香港戦。ロンドン五輪準々決勝で敗れた因縁の相手に、第1試合シングルスで丹羽孝希(21)がいきなり不覚を取った。2ゲームを連取しながら逆転負け。嫌なムードが漂ったが、それをエースが払拭した。

 12日のシングルスで日本卓球史上初の個人銅メダルを獲得した水谷隼(27)が3-2で貫禄を見せ、第3試合のダブルスにつないだ。ここで吉村真晴(23)、丹羽ペアが3-1で勝利。2勝1敗で迎えた第4試合シングルスを吉村が3-1でモノにし、日本が香港にリベンジを果たした。

 準決勝(同16日午前)の相手は、世界ランク2位のドイツ。北京で銀、ロンドンで銅の強豪を下せば、男子団体初のメダルを手にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る