• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

卓球男子団体 日本が香港にリベンジ果たし初メダルに王手

 4強進出を決めた。

 日本時間15日午前のリオ五輪卓球の香港戦。ロンドン五輪準々決勝で敗れた因縁の相手に、第1試合シングルスで丹羽孝希(21)がいきなり不覚を取った。2ゲームを連取しながら逆転負け。嫌なムードが漂ったが、それをエースが払拭した。

 12日のシングルスで日本卓球史上初の個人銅メダルを獲得した水谷隼(27)が3-2で貫禄を見せ、第3試合のダブルスにつないだ。ここで吉村真晴(23)、丹羽ペアが3-1で勝利。2勝1敗で迎えた第4試合シングルスを吉村が3-1でモノにし、日本が香港にリベンジを果たした。

 準決勝(同16日午前)の相手は、世界ランク2位のドイツ。北京で銀、ロンドンで銅の強豪を下せば、男子団体初のメダルを手にする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  9. 9

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  10. 10

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

もっと見る