リオ金の萩野公介 完全復活へ右肘の“反り”が10度足りず

公開日: 更新日:

「まずはできることをしっかりやって、来年の夏に間に合わせたい」――。

 リオ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(22)が、来年7月の世界選手権(ハンガリー・ブダペスト)での完全復活を目標に掲げた。

 3日は在籍する東洋大の五輪報告会に陸上男子短距離の桐生祥秀(20)らとともに参加。昨年のフランス合宿中に骨折し、先月の28日に再手術した右肘について「来週にはギプスが取れて抜糸できる。(トレーニング再開は)ギプスが取れてからになります」と現状を説明した。

 日本代表ヘッドコーチで同大学水泳部の平井伯昌監督によれば、年内はリハビリとトレーニングに充て、年明けにも泳ぎを再開する。まずは来年4月の日本選手権での世界選手権出場権獲得を目指す。

 リオ五輪では骨折の後遺症から右肘を伸ばすことができず、大会期間中は曲がったまま泳いでいたという。術後の経過は良好だそうで、メスを入れてからは肘を5度まで反らすことができるようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  7. 7

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る