リオ金の萩野公介 完全復活へ右肘の“反り”が10度足りず

公開日:  更新日:

「まずはできることをしっかりやって、来年の夏に間に合わせたい」――。

 リオ五輪競泳男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(22)が、来年7月の世界選手権(ハンガリー・ブダペスト)での完全復活を目標に掲げた。

 3日は在籍する東洋大の五輪報告会に陸上男子短距離の桐生祥秀(20)らとともに参加。昨年のフランス合宿中に骨折し、先月の28日に再手術した右肘について「来週にはギプスが取れて抜糸できる。(トレーニング再開は)ギプスが取れてからになります」と現状を説明した。

 日本代表ヘッドコーチで同大学水泳部の平井伯昌監督によれば、年内はリハビリとトレーニングに充て、年明けにも泳ぎを再開する。まずは来年4月の日本選手権での世界選手権出場権獲得を目指す。

 リオ五輪では骨折の後遺症から右肘を伸ばすことができず、大会期間中は曲がったまま泳いでいたという。術後の経過は良好だそうで、メスを入れてからは肘を5度まで反らすことができるようになったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る