日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“花の2区”区間賞 名将も太鼓判押す神大・鈴木の伸びしろ

「(2区の走りには)まだ余裕があった。もっと果敢に攻めることができたと思うが、昨年は区間14位だったので慎重になったのだろう。多くのランナーは地面を蹴る際、右足か左足が外へ逃げてしまう。鈴木にはそれがなく、キック力が合理的に推進力になっている。上り下りにも対応できるし、まだまだ伸びるでしょう。本当に楽しみですよ。体が小さい(163センチ、45.5キロ)? そうだね。(神大の大後)監督には、もう少し胸板を厚くするといいですよと言いました」

 ちなみに、急成長の鈴木の初マラソンは来年の東京を予定しているという。20年東京五輪に間に合うか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事