韓国人席巻に危機感 菊地絵理香“日本人9連敗”阻止なるか

公開日: 更新日:

「女子プロは長く不人気な時代がありましたから、大会前に行われるプロアマ戦でゲストに気持ちよくプレーしてもらうことを重視してきました。だからスポンサーもプロアマ大会さえ無事に終われば、あとは中止になっても構わないというところさえあった。女子プロもニコニコしていればよかったのです。ところがジュニア時代から厳しい練習を積んできた韓国選手が大挙して日本ツアーに参戦するようになったら、技術的にも精神的にもかないません。女子ツアーは、ひさしを貸した韓国選手に完全に母屋を取られてしまった感じです」(ツアー関係者)

 菊地に連敗阻止を期待するツアー関係者は多いが、今週も韓国人に負けるようなら、女子大会からテレビもスポンサーも逃げ出すはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  7. 7

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る