レジェンド葛西紀明 1年ぶり表彰台は“神風と技術”の賜物

公開日: 更新日:

 あるスキー関係者がいう。

「葛西はノーマルヒルやラージヒルより飛行時間が長いフライングヒルが得意。ノーマルヒルはサッツ(踏み切り)のタイミングを外したら即終わり。ラージヒルならサッツを多少ミスしても空中で1回は風を受けることができる。状況にもよりますが、フライングヒルの場合、トップ選手なら3回は風を味方にできます。今回の葛西は、2本目のジャンプで3度目に下から吹き上げるような向かい風をキャッチして距離を伸ばした。葛西はいい風が来ると空中で体を風に寄せたり、体の向きをズラして風をつかまえることができるのです」

 24日からスロベニア(プラニツァ)で今季W杯最終戦(個人2、団体1)が行われる。ジャンプ台はフライングヒル。もう一丁、表彰台はあるか!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    専門家が指摘「再び東京湾台風が上陸する」地震のリスクも

  7. 7

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  8. 8

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  9. 9

    囁かれる山Pの二の舞…脱退&退所の錦戸亮に明日はあるか

  10. 10

    令和の大女優候補 清野菜名の超ストイックな女子会ライフ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る