香妻が食らったクラブ超過 スタート直前なら“妙手”あり

公開日: 更新日:

「例えば、練習場で2本のクラブを打ち比べて、キャディーが不必要な1本を抜き忘れてスタートするケースが多い。1番ホールが終わった時点で1本多いことに気がつけば2罰打ですが、1番のティーグラウンドに上がってスタートする直前なら、マーカーか同伴競技者に『このクラブは使いません』と不使用宣言をする。そのクラブはキャディーバッグに逆向きに入れて使わないことを明らかにすれば罰は受けません」

 とはいえ、キャディー任せにせず、スタート前にプレーヤー自身がクラブの本数を確認すればいいだけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  8. 8

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  9. 9

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

  10. 10

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る