2年ぶり全仏8強 錦織が初めて明かした「コーチ観」の是非

公開日: 更新日:

 マリー(30)は昨年、レンドルを2年ぶりにコーチ陣に加えて世界ランク1位を奪取。同2位のジョコビッチ(30)は今大会前、新たにアガシをコーチにして話題になった。世界のトッププレーヤーが新コーチを据え、絶えず新陳代謝を図りながらその地位を維持しているのに対し、成績が右肩下がりの錦織が現体制に満足だという。そもそも公式会見でコーチを批判するわけにはいかないだろうが、本気でそう思っているとすれば認識が甘いのではないか。

 錦織は5日の男子シングルス4回戦でフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)に3―1で逆転勝ち。2年ぶりに準々決勝に進出した。次の相手はマリー。試合後の錦織は「次もタフな試合になりますが、ちょっとずつ自信もついてきた。しっかり回復させて臨みたい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新垣結衣 来春朝ドラ「エール」に“バーター”出演の可能性

  2. 2

    中島裕翔が離脱か 改元で「Hey!Say!JUMP」に不穏な動き

  3. 3

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

  4. 4

    “好きなジャニーズ2019”山田涼介1位 進む世代交代の行方

  5. 5

    誰がどうして?解散日程の“怪メール”流出で永田町右往左往

  6. 6

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  7. 7

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  8. 8

    コウキに続け 花盛りの2世タレントで令和ブレークするのは

  9. 9

    GW渡航先1番人気は「韓国」…嫌韓派の歯ぎしりが聞こえる

  10. 10

    岡田版「白い巨塔」は大門未知子不在のドクターXみたい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る