• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

門倉健氏が指摘 「巨人はマシソン流出なら根幹揺らぐ」

「引き留めの重要度でいえば、マシソンが最優先です。5、6人で回す先発投手はやりくりで穴を埋められる可能性があるが、勝ちパターンの八、九回のリリーフは代わりが利かない。その中でも今季の抑えを務めたカミネロは投げてみないと分からない怖さがあった。その前に安心できるマシソンがいたからこそ起用できた部分もあるでしょう。オフに米国の自宅に巨人の選手を泊めて一緒にトレーニングを行う助っ人なんてあまり聞きません。6年間在籍して新外国人に巨人や日本の野球を指南できる存在。もし流出するようなら、チームが根幹から揺らぐことになります」

 今季の年俸は2億8500万円。メジャーとの争奪戦を制するため、たとえ10億円が必要になったとしても、マシソンの残留は、補強以上の価値があるということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る