3安打4打点の大爆発 巨人由伸監督のクビは岡本の活躍次第

公開日: 更新日:

 つまり、かねての巨人の問題である、若手の育成・成長に一定の成果が見られれば、指揮官の去就にも猶予が与えられるということだろう。となれば、岡本の責任は重大。若手の最有望株にして、育成ベタの象徴例とされたこの21歳の今季の結果が、由伸監督の進退に直結する。

 この日の活躍で岡本はリーグトップの18打点(打率・297、4本塁打)。打つ手を休めるヒマはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る