友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

エンゼルス大谷は要注意 死球に牙をむく5人の“武闘派”打者

公開日: 更新日:

■マニー・マチャド(オリオールズ)
 死球を受けると、いきなり高速でマウンドに突進し、相手の顔面目掛けてパンチを叩き込んでくる。ただパンチは大振りで命中率が低い。

 この他に、2012年に三冠王になったミゲル・カブレラ(タイガース)も死球を受けると激高するタイプだが、体重オーバーでマウンドに突進できないため、投手ではなく捕手をボコボコにする。昨年8月のヤンキース戦でトミー・ケインリーに危険球を投げられたときは、捕手のオースティン・ロマインをボコボコにして憂さを晴らした。投手に直接危害を加える恐れはないので、大谷はカブレラに関しては神経質にならなくてもよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  4. 4

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  8. 8

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  9. 9

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  10. 10

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

もっと見る