米ツアー初V逃した畑岡奈紗 3日間ノーボギーは成長の証し

公開日: 更新日:

 そして同組でプレーする首位発進のチョン・インジ(23・韓国)も17番パー3でバーディー、通算14アンダーとしてホールアウト。3選手によるプレーオフに突入した。

 チョン・インジも全米女子オープン(15年)、エビアン選手権(16年)のメジャーホルダーであり、畑岡の初優勝には強敵2人が立ちはだかることになった。

 18番パー4で行われたプレーオフは、1ホール目に畑岡が一番ピンに近い1・5メートルにつけてバーディー。ジュタヌガーンも3・5メートルを沈めたが、バーディーを奪えなかったチョン・インジが脱落。畑岡は2ホール目の2打目をグリーン奥へ外し、バーディーを奪えずパー。2ホール続けてバーディーを奪ったA・ジュタヌガーンが今大会2勝目、ツアー通算8勝目を挙げた。

 メジャーチャンプとの優勝争いは自信にもなり、畑岡の初優勝も近づいているといえる。また上原彩子(34)は通算8アンダー10位だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る