陸連顧問が五輪に警鐘「このままでは人殺しマラソンに」

公開日:

 ――先月開催された国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で、五輪の競技日程案は承認されました。

「いいか。マラソンは朝6時、競技時間が3時間半以上に及ぶ50キロ競歩は5時スタートだ。さっきも言ったように、役員の中には徹夜作業になる者もいるだろうが選手のためだ。スタート時間の変更はまだできる。『スポーツは人間の限界に挑戦するもの』といわれている。だが、気温が30度を超える中でマラソンをやるというのは、限界の意味が違うぞ。スタート時間の変更に関しては(東京五輪)組織委員会が検討すべきだ。マラソンは大迫(傑=27)や設楽(悠太=26)、女子も有望な選手が出てきた。この連中に何とかメダルを取ってもらいたいし、外国の選手にもいいレースを見せて欲しい。そのためには朝6時スタートがベストなんだ。私はAIMS(国際マラソン・ディスタンスレース協会)の会長もやった。母国で開催されるオリンピックでマラソン選手を殺すわけにはいかんだろ」

(聞き手=本紙・塙雄一)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る