• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

陸連顧問が五輪に警鐘「このままでは人殺しマラソンに」

 ――先月開催された国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で、五輪の競技日程案は承認されました。

「いいか。マラソンは朝6時、競技時間が3時間半以上に及ぶ50キロ競歩は5時スタートだ。さっきも言ったように、役員の中には徹夜作業になる者もいるだろうが選手のためだ。スタート時間の変更はまだできる。『スポーツは人間の限界に挑戦するもの』といわれている。だが、気温が30度を超える中でマラソンをやるというのは、限界の意味が違うぞ。スタート時間の変更に関しては(東京五輪)組織委員会が検討すべきだ。マラソンは大迫(傑=27)や設楽(悠太=26)、女子も有望な選手が出てきた。この連中に何とかメダルを取ってもらいたいし、外国の選手にもいいレースを見せて欲しい。そのためには朝6時スタートがベストなんだ。私はAIMS(国際マラソン・ディスタンスレース協会)の会長もやった。母国で開催されるオリンピックでマラソン選手を殺すわけにはいかんだろ」

(聞き手=本紙・塙雄一)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る