根尾サイクル達成の裏で プロが“単独1位”で狙う選手の名前

公開日:

 U18の密着を続ける阪神は、藤原を最上位に位置付ける一方、甲斐野ら即戦力投手にも関心を示し、スカウト陣に箝口令を敷いた。

「根尾と吉田は競合必至だが、藤原は阪神とロッテ、小園は広島に加えてヤクルトが単独指名を視野に入れて火花を散らしているそうです」(球界OB)

 今年のドラフトは10月25日。12球団による駆け引きは今後、ますます激しさを増しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る