• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

■選手から飛行機代を徴収

 ――体操は他競技に比べると予算が多い。

「五輪でメダルが取れる競技なので、JOCからそれだけの強化費が下りています。でも、海外遠征の際の飛行機代など、選手は一定の費用を徴収されることがある。(リオ五輪代表の)村上(茉愛)選手の場合、世界選手権へ行くとき、4万円徴収されていました。資金の少ない競技団体なら分かるけど……。僕もソウル五輪に行ったときは(協会から)『7万5000円徴収する』と言われた。メダルを取ったら『いらない』と言われましたけど(笑い)」

 ――20年の東京五輪を前に、スポーツ団体に不祥事が相次いでいる。レスリング、ボクシング、日大アメフト部の問題も、共通点は、権力がひとりに集中したこと。その土壌は、独特な閉鎖性か。

「内部で全部の物事が決まり、第三者が入ることが全くない。内部の中でも、ある特定の人間しか知らないので、超閉鎖的です。僕ら体操関係者でも、体操協会の見えない部分がたくさんある。普通の人に見えるわけがないですよ。だから40年近くも続いてしまっていると思います。アマチュアスポーツ特有の体質がある。昔からアマチュアスポーツというのは、『国から予算をもらい、それをどう使っていくか』ということしかやってこなかった。いろんな部分で収入を得てコーチや選手に還元したり、いい環境をつくってあげられるのに、と思うけど、上の人はもらうことが当たり前。(お金を)生み出すんじゃなく、もらって使う。そういう人が多い。あとは、事なかれ主義。何か新しいことを始めようと思っても、もし問題になったら、自分の責任になるからやめてくれ、と。自分の名誉や地位を保全するという立場の人がほとんどなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る