池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

公開日:

■選手から飛行機代を徴収

 ――体操は他競技に比べると予算が多い。

「五輪でメダルが取れる競技なので、JOCからそれだけの強化費が下りています。でも、海外遠征の際の飛行機代など、選手は一定の費用を徴収されることがある。(リオ五輪代表の)村上(茉愛)選手の場合、世界選手権へ行くとき、4万円徴収されていました。資金の少ない競技団体なら分かるけど……。僕もソウル五輪に行ったときは(協会から)『7万5000円徴収する』と言われた。メダルを取ったら『いらない』と言われましたけど(笑い)」

 ――20年の東京五輪を前に、スポーツ団体に不祥事が相次いでいる。レスリング、ボクシング、日大アメフト部の問題も、共通点は、権力がひとりに集中したこと。その土壌は、独特な閉鎖性か。

「内部で全部の物事が決まり、第三者が入ることが全くない。内部の中でも、ある特定の人間しか知らないので、超閉鎖的です。僕ら体操関係者でも、体操協会の見えない部分がたくさんある。普通の人に見えるわけがないですよ。だから40年近くも続いてしまっていると思います。アマチュアスポーツ特有の体質がある。昔からアマチュアスポーツというのは、『国から予算をもらい、それをどう使っていくか』ということしかやってこなかった。いろんな部分で収入を得てコーチや選手に還元したり、いい環境をつくってあげられるのに、と思うけど、上の人はもらうことが当たり前。(お金を)生み出すんじゃなく、もらって使う。そういう人が多い。あとは、事なかれ主義。何か新しいことを始めようと思っても、もし問題になったら、自分の責任になるからやめてくれ、と。自分の名誉や地位を保全するという立場の人がほとんどなんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る