池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

公開日:

 ――東京五輪に向けて、今後も不祥事が出てきそうだ。

「どこの協会でも、多かれ少なかれあると思う。組織の中で特定の人間が権力を持ちすぎている。こういう問題が発覚したことがきっかけで、いい方向に向かってほしい。いい転換期、良くなるチャンスを宮川選手が選手生命をかけてやってくれた。これがなかったらずっとそのまま続いていたわけですから。五輪が東京に来てくれたからこそ、こういうことをみんなに分かってもらえた。中身が露呈されないと変えられないというのは情けないですけどね」

 ――池谷さんは今回の騒動でテレビに出ずっぱり。止めようとする圧力もあったと聞く。

「僕は正しいことをしているつもりだし、真実を語っているつもりなのでやめる気はない。命に代えても絶対にやり通さないといけない僕の使命だと思っています。圧力をかけられることはあるけど、そんなのには屈しないですし、(圧力が)あればあったで、それをお話しすれば分かりやすいなと。これをするために芸能界に入ったのかなとも思います。これまで抑え込まれたり、泣き寝入りしていた人たちをたくさん知っている。その人たちを代表して、できる限りのことをしたい」

(聞き手=中西悠子/日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る