池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

公開日:

 ――東京五輪に向けて、今後も不祥事が出てきそうだ。

「どこの協会でも、多かれ少なかれあると思う。組織の中で特定の人間が権力を持ちすぎている。こういう問題が発覚したことがきっかけで、いい方向に向かってほしい。いい転換期、良くなるチャンスを宮川選手が選手生命をかけてやってくれた。これがなかったらずっとそのまま続いていたわけですから。五輪が東京に来てくれたからこそ、こういうことをみんなに分かってもらえた。中身が露呈されないと変えられないというのは情けないですけどね」

 ――池谷さんは今回の騒動でテレビに出ずっぱり。止めようとする圧力もあったと聞く。

「僕は正しいことをしているつもりだし、真実を語っているつもりなのでやめる気はない。命に代えても絶対にやり通さないといけない僕の使命だと思っています。圧力をかけられることはあるけど、そんなのには屈しないですし、(圧力が)あればあったで、それをお話しすれば分かりやすいなと。これをするために芸能界に入ったのかなとも思います。これまで抑え込まれたり、泣き寝入りしていた人たちをたくさん知っている。その人たちを代表して、できる限りのことをしたい」

(聞き手=中西悠子/日刊ゲンダイ)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る