• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新守護神に山口俊 “大バクチ”の成否が巨人監督問題を直撃

 そんな斎藤コーチがここにきて、先発ローテーション投手の山口俊を抑えに配置転換する、最後の勝負手を打った。新守護神は昨4日の初戦が雨天中止になったDeNA2連戦(金沢、富山)からスタンバイ。遅きに失した感はあるが、これが機能しなければもう打つ手なし、という大バクチである。

 チームの低迷を受け、一部メディアでは原辰徳前監督(60)の再々登板や中畑清前DeNA監督(64)の就任など、巨人監督問題が取り沙汰されるようになった。山口の抑え転向が失敗し、「ポスト由伸」から斎藤コーチが脱落すれば、近い将来に起こるであろう巨人監督問題がいよいよ混沌とするのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る